フロアコーティングおすすめ会社BEST5【マンション編】

マンション住民が推薦するフロアコーティング会社を徹底リサーチ

第一位

グッドライフロゴ

【見積額】10万円~ ※20畳(LDK+廊下)
約15万件の施工実績を誇るフロアコーティング専門会社。優れた技術と高い安全性はもちろん、最長35年保証などアフターケアも万全。

詳しくはこちら

第二位

スリーエスコーポレーションロゴ

【見積額】12万1600円~ ※20畳(LDK+廊下)
のべ12万件以上の施工実績をもとに、自社ブランドのコーティング剤や商品を開発。突板やシートフローリングにも対応。

詳しくはこちら

第三位

ハードプロテクトロゴ

【見積額】17万2800円~ ※20畳(LDK+廊下)
業界では老舗のフロアコーティング会社で、施工実績は5万件以上。硬質ウレタン系樹脂を使用した安全施工。

詳しくはこちら

キレイな状態が長持ち

新築マンションのフローリングを、いつまでも美しく保ち続けたい。そんな願いを、フロアコーティングがかなえてくれます。ここでは、フロアコーティングを施すことで得られるメリットのひとつ、「スリ傷や汚れに強い」ことについて紹介します。

フロアコーティングですりキズの心配も軽減

「イスやテーブルを動かした跡が、フローリングに残る」

「スリッパの裏に付いた細かいゴミのせいで、フローリングにすりキズができてしまった…」

そのような経験をしたことはありませんか?

すりキズに強いフロアコーティングを施せば、新築マンション時代のようにいつまでもきれいな状態を保ち続けます。

フロアコーティングとは、フローリングの上に硬い樹脂の皮膜を塗布したもの。その硬さは樹脂によって違い、鉛筆の芯の硬さで表されます(BやHなど。Bの数が大きいほどやわらかく、Hの数が大きいほど硬くなります)。

例えば、市販のワックスは2B~Bが一般的で、やわらかいためすりキズがつきやすくなります。これが、水性ウレタンのフロアコーティングだと2H、UVコーティングなら6H、ガラスコーティングの場合は9Hもの硬度があります。

ちなみに9Hという硬さは、10円玉などのコインでゴシゴシこすってもキズは一切つかないほどの硬さ。もちろん、ペットの引っかきキズとも無縁です。

このように、硬い樹脂がフローリングを守ってくれるので、いつまでもきれいな状態が保てるのです。

汚れにははっ水・耐水・耐薬品に強いコーティングを

キッチンではねた油、ダイニングでこぼしたしょう油などにも強いフロアコーティング。フロアコーティングには水分や油分をはじく性質があるため、硬くしぼった布でさっとふき取れば汚れを簡単に落とせます

また、耐薬品性のあるコーティング剤だと、除光液や液体の薬をこぼしたりペットが粗相をしたりしても、変色やシミが残ることはありません。

フロアコーティングが、日常生活のさまざまな汚れからフローリングを守ってくれるのです。